2007年03月15日

巴川

CIMG7735.JPG
清水に帰ると行きたくなるのは、海とここ巴川でしょうか。
なんだか懐かしく、色々な思い出があるところです。
ここが、かずさやのある入江学区と隣の江尻学区との境です。

村松友視の巴川はまだ読んだことがありません。どんな話なんでしょう。

私が高校生の頃、夜映画の撮影をしていてライトアップされた巴川がすごく明るくそして幻想的でキレイでした。


先月帰省した時祖父母の家まで歩いて行ったので、ちごばしで息子と河童をご対面させてきました。
きゅうりが好きなところは同じです。カッパです。

そして帰ると食べに行く店は、友人のお店金田食堂です。
稚児橋より二つ下流の大正橋の横にあります。
ここは、私のオススメで紹介したい店でもあります。
刺身の盛り合わせも天ぷらもみんなオススメですよ。

息子が幼稚園に入園するまでに一度帰れるといいなあ。


posted by 三代目 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 清水の観光スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

冷蔵庫から出てきたもの(パート1)
Excerpt: 今年に入り、妻の友人宅の和牛専門店《かずさや精肉店》←〈おかみさん〉でお肉を買いました。 おかみさんのお奨めの《プロシュート》。 プロシュートとは、イタリア産の生ハムらしいのですが、なんで..
Weblog: ほのぼの静岡人 パン屋さんの一日
Tracked: 2007-03-22 19:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。